【おすすめ記事】 資格取得を支援「かいご畑」

トイレ介助のコツをシーン別に紹介

シーン別に介助のコツを紹介!

シーン別に介助のコツを紹介!の記事一覧
  • 頻繁にトイレコールがある

    頻繁にトイレコールがある

    車いす利用者のトイレコールが多い場合、本当に尿意や便意があるかは別として「職員が近くにいるうちにトイレをしておきたい」と考えている可能性があります。そのため、トイレが済んだ後は視界になるべく入らないようにするなどの工夫が必要です。立位が安定している利用者は夜間のトイレコールが多くなる傾向があります。その場合は、ポータブルトイレをベッドサイドに設置しておくとトイレコールが少なくなる可能性があります。

    続きを見る
  • ベッドに寝たきり

    ベッドに寝たきり

    寝たきりの利用者の場合、専用の器具を使ってトイレ介助を行います。尿器は器具によって素材が異なります。利用者の好みや利便性に応じて使い分けましょう。男性は仰向けか横向き、女性は仰向けで使用します。トイレ介助を行う際はタオルで下腹部を隠すなどの配慮が必要です。便器を利用する際は、上体を起こしたほうが腹部に圧がかかりやすいです。排せつ物を処理する際には、必ず排せつ物を確認して健康状態に問題がないかをチェックしましょう。

    続きを見る
  • 認知症でトイレ拒否がある

    認知症でトイレ拒否がある

    認知症の利用者がトイレ拒否をする原因の多くは、本人が必要とする支援と実際の対応のズレによるものです。認知症の影響で尿意や便意を感じづらくなっている可能性があるため、普段からトイレに行くタイミングを観察しておく必要があります。また、「トイレ」という言葉を認識していない場合は、意味が伝わりやすい言葉に変換しましょう。過去にトイレに失敗したことがある利用者は恐怖感を抱えているので、リラックスできる環境を用意する必要があります。

    続きを見る
  • オムツを使用している

    オムツを使用している

    オムツ交換をする際には、替えのオムツだけではなく洗浄・清拭用の道具や使い捨て手袋などが必要です。トイレ介助を実施する際はカーテンやドアの開閉を確認してプライベートに配慮してください。体位変換をしながら、適時声がけをしつつオムツ交換や洗浄を行っていきます。便には多くの細菌が含まれているので丁寧に汚れを落としましょう。また、皮膚の状態や褥瘡の有無を確認し、必要に応じて塗り薬や保湿クリームを使用します。

    続きを見る

転職を検討しているなら

理解を深めて介護職に転職 理解を深めて介護職に転職

仕事探しは転職エージェントで

介護職に転職するのであれば、転職エージェントを利用しましょう。転職に関するあらゆるサポートを無料で提供してくれます。ハローワークや求人サイトでは分からない情報を教えてもらえる上に、好条件の求人が揃っています。

この記事の続きを見る

トイレ介助に役立つ情報を紹介

トイレ介助に役立つ情報を紹介

介護職に興味はあるものの、トイレ介助に不安を感じている人は多いかと思います。そんな人に向けて、トイレ介助に必要な知識や転職に役立つ情報を紹介していきます。当サイトに関するお問い合わせは【こちらのメールフォーム】よりお願いいたします。